【Blender】メッシュ選択モードの種類と違い【頂点・辺・面】

Blenderにおける3つの「メッシュ選択モード」、

  • 頂点

についてのメモ。

スポンサードリンク

メッシュ選択モードとは?

メッシュ選択モードは、「編集モード」でのメッシュオブジェクトの選択方法のことです。
screenshot_1051

「編集モード」では、

  • 頂点

の3種類の方法で、メッシュオブジェクトを選択・加工する事が出来ます。

screenshot_102 screenshot_103 screenshot_104
▲頂点 ▲辺 ▲面

※「メッシュ」=「ポリゴン」の集まり
※「ポリゴン」=頂点・辺・面の集まり  です。

(これは3DCGの基本中の基本です)

ポリゴン・メッシュ・サーフェスの違い
3DCGソフトなどに於ける、 ポリゴン メッシュ サーフェス の違いについてのメモ。 ※もしかしたら間違っ...

メッシュ選択モードの切り替え方法

3Dビューのヘッダにある、このマーク(screenshot_91)から切り替える事が出来ます。

screenshot_901

左から、

  • tyoutenn:頂点
  • henn:辺
  • menn:面

です。(アイコン通りです)

※3Dビュー上でCtrlTabキーでも切り替える事が出来ます。
screenshot_89

選択の基本

Blenderでは、オブジェクト、頂点・辺・面を選択するときは、右クリックします。

オブジェクトの選択(オブジェクトモード) ▲面の選択(編集モード)
▲オブジェクトの選択(オブジェクトモード) ▲面の選択(編集モード)

選択すると、選択した箇所が黄色になります。(これが選択中という意味です)

メッシュ選択モードの違い

それぞれの違いについて簡単に紹介します。

頂点選択

メッシュオブジェクトの”頂点”を選択する事が出来ます。

頂点選択
▲頂点を右クリックしたままドラッグした様子
(「辺を選択」→「Gキー」でも同じ効果が得られる)
  • 四角形なポリゴンの場合、
    • 隣接した頂点を2つ選択 ⇒ 辺選択になる
    • 頂点を4つ選択 ⇒ 面選択になる

という具合です。

辺選択

メッシュオブジェクトの”辺”を選択する事が出来ます。

辺選択
▲辺を右クリックしたままドラッグした様子
(「辺を選択」→「Gキー」でも同じ効果が得られる)
  • 四角形なポリゴンの場合、
    • 辺を4つ選択 ⇒ 面選択になる

という具合です。

面選択

メッシュオブジェクトの”面”を選択する事が出来ます。

面選択
▲面を右クリックしたままドラッグした様子
(「面を選択」→「Gキー」でも同じ効果が得られる)

まとめ

・「頂点選択」(tyoutenn)では、”頂点”を選択・加工できる

・「辺選択」(henn)では、”辺”を選択・加工できる

・「面選択」(menn)では、”面”を選択・加工できる

CtrlTabキーで簡単に切り替えれる(捗る)

関連ページ

【Blender】色々な選択方法①【ショートカット】
Blenderでは、ショートカットキーを使用する事で、複雑な選択を簡単に行えるようになります。(頂点・辺・面の3つ全てに言える事です) ...

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク