【Blender】カメラを追跡(トラッキング)させる方法

Blenderにて、「カメラ」オブジェクトをトラッキングさせる方法(追跡させる方法)についてメモ。

スポンサードリンク

トラッキングとは?

被写体がカメラを追跡

Aオブジェクトの動きに対して、Bオブジェクトが追いかけるような機能のことです。

カメラで被写体を追跡(トラッキング)する方法

以下の手順でトラッキング出来ます。

  1. [カメラ]→[トラッキングしたい被写体]という風に複数選択する(Shift+右クリック)
    [カメラ]→[トラッキングしたい被写体]という風に複数選択する(Shift+右クリック)
  2. Ctrl+Tキーを押して、[トラック(コンストレイント)]を選択する
    Ctrl+Tキーを押して、[トラック(コンストレイント)]を選択する
  3. おわり

これであとは、被写体を動かすとカメラが被写体を自動追跡(トラッキング)します。

これであとは、被写体を動かすとカメラが被写体を自動追跡(トラッキング)します。
▲被写体(立方体)の動きに合わせて、[カメラ]が自動的に追跡(トラッキング)する

※また、[被写体]→[カメラ]という風に逆に選択して同じ事をすると、被写体がカメラを追跡するようにでも出来ます。(トラッキングできるのは[カメラ]だけじゃない

被写体がカメラを追跡
▲[カメラ]の動きに合わせて、被写体(立方体)が自動的に追跡(トラッキング)する

補足

この記事で使用した方法は、単に「オブジェクトコンストレイント」という機能を使用しているだけです。

トラッキングさせたいオブジェクト(カメラ)を選択した状態で、[プロパティ]ウィンドウ → [コンストレイント]タブ → [オブジェクトコンストレイント追加] から、

  • 「減衰トラック」
  • 「軸固定トラック」
  • 「トラック」

の3つを追加しても同じ事が出来ます。

※以下ページで少しだけ詳しく書いています。

【Blender】トラッキング系のオブジェクトコンストレイント
Blenderにおける、「トラッキング」系の「オブジェクトコンストレイント」についてのメモ。 オブジェクトコンストレイントとは? 以下記...

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク