【Blender】ビデオシーケンスエディタの使い方【動画編集】

Blenderの「ビデオシーケンスエディタ」の使い方などについての簡単なメモ。

※「ビデオシーケンスエディタ」=「Video Sequence Editor」(通称:VCE

ビデオシーケンスエディタとは?

ビデオシーケンスエディタとは?

簡単に言うと、「動画編集が出来る機能」です。

3DCGソフトなのに、動画編集ソフト顔負けの動画編集が出来ます。

動画編集のレベル(できることのレベル)

「Windowsムービーメーカー」の動画編集レベルを「1」とすると、「ビデオシーケンスエディタ」は動画編集レベルは「10」くらいです。

「ノードエディタ」と組み合わせれば、もっと高度な事も出来ます。

使い易さ

動画編集ソフトとしての”使い易さ”は正直微妙なので、「Blenderでのモデリング結果を動画編集したい!連携したい!」という場合以外は、使う意味はあまり無いかもしれません。

ただ、

  • 「何らかの動画編集ソフトを自由自在に使いこなせるよ!」
  • 「Blenderの操作もある程度知ってるよ!」

という2つの条件を兼ね揃えている人からすると、割と直感で扱えるんじゃないかと思います。(私は割と直感で扱えたので)

ビデオシーケンスエディタへの切替方法

[情報]ウィンドウから、[スクリーンレイアウトの変更]ボタン(スクリーンレイアウト)から、「Video Editing」に変更すると、「ビデオシーケンスエディタ」に適したレイアウトに変更されます。

ビデオシーケンスエディタへの切替方法

単にウィンドウを「ビデオシーケンスエディタ」に変更したい場合は、各ウィンドウのエディタータイプ変更ボタン(ウィンドウの変更)から、「ビデオシーケンスエディタ」を選べば変更できます。

ビデオシーケンスエディタでの呼び名

ビデオシーケンスエディタでの呼び名

動画編集ソフトで言う所の「タイムライン」的なウィンドウのことを「シーケンサー」と呼びます。

また、「シーケンサー」上に設置した、動画・画像・エフェクトなどの矩形状の図形のことを「ストリップ」と呼びます。

※この「ストリップ」と呼ばれる矩形の図形を「シーケンサー」と呼ばれるタイムラインに、ほいほい追加していって一つの映像を繋ぎあわせて完成させます。

(これは動画編集としての基本です)

使い方

使い方は、基本的な動画編集ソフトと同じです。

  1. 動画・音声・画像をドラッグ&ドロップで「シーケンサー」に読み込んで動画を作り上げる
  2. エフェクトなどを適宜かける
  3. エンコード(レンダリング)する
    • 普通にBlenderでレンダリングするのと同じ方法です
      • 動画としてレンダリング:CtrlF12
      • 画像としてレンダリング:F12
  4. 動画完成
    動画_avi

これで終わりです。

「モデリングの結果」をストリップとして挿入しない場合(Blenderを動画編集ソフトとして使用した場合)、「レンダリング」ではなくて、単純な「エンコード」になるので、エンコード速度は割と早めです。

ビデオシーケンスエディタ上での操作方法

基本的な操作方法は、3Dビュー上での操作と同じです。

シーケンサーの縮尺変更

  • 左右の縮尺変更:
    • マウススクロール
    • Ctrl+マウス中ボタンを左右にドラッグ
  • 上下の縮尺変更:
    • Ctrl+マウス中ボタンを上下にドラッグ

で縮尺変更できます。

シーケンサーの移動

  • マウス中ボタンを上下左右にドラッグで上下左右移動
  • Ctrl+スクロールで左右移動
  • Shift+スクロールで左右移動

で移動できます。

ストリップの選択

  • 右クリック(選択)
  • Shift+右クリック(複数選択)
  • Aキー(全選択)

で選択できます。

ストリップの移動

ストリップを選択した状態で、

  • Gキー
  • 右クリックドラッグ

で移動出来ます。

また、3Dビューと同じく、

  • Ctrlキーを押しながらだと、他のストリップの両端にスナップして移動できる
  • Shiftキーを押しながらだと、微調整しながら移動できる
  • Xキーを押すと横軸限定で移動できる
  • Yキーを押すと縦軸限定で移動できる

という風な感じで条件付きで移動出来ます。

ストリップの引き伸ばし

ストリップの両端にある、▶◀ボタンを[右クリックでドラッグ]で引き伸ばしたり、縮めたりできます。

ストリップの削除

ストリップを選択した状態で、

  • Deleteキー
  • Xキー

で削除できます。

ストリップの分割

ストリップを選択した状態で、

  • Kキー

で分割できます。

再生・停止方法

[タイムライン]ウィンドウに有る、再生ボタンから再生・停止できます。

ストリップの追加

「シーケンサー」上で、ShiftAキーで新しいストリップを追加できます。(3Dビューと同じ)

「シーン」を追加すれば、モデリング結果を「シーケンサー」上に追加する事も出来ます。

ノードエディタとの組み合わせ

以下の手順のようにすれば、ノードエディタの編集結果を「ビデオシーケンスエディタ」に反映させる事が出来ます。

  1. モデリングする
  2. モデリング結果を「ノードエディタ」で編集する
  3. 編集したモデリング結果を「ビデオシーケンスエディタ」で読み込む
※逆に、「ビデオシーケンスエディタ」の編集結果を「ノードエディタ」に反映させる事は出来ません。(おそらく・・)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク