【Blender】スクリューの使い方

Blenderの「スクリュー」ツールの使い方などについてメモ。

※「スクリュー」=「Screw」

スクリューとは?

スクリューとは?
▲辺にスクリューを適用した様子

スクリューは、「辺をスクリュー状(ねじ状)に押し出せるツール」です。

※モディファイアーにも「スクリュー」が有りますが、効果は大体同じです

使い方

  1. [編集モード]に切り替える
  2. スクリューを適用したい辺を選択する
  3. [ツール]シェルフから[スクリュー]を選択する

使い方としては以上です。

スクリューの設定

スクリューを実行した直後、[ツール]シェルフの下からスクリューの設定を行えます。

※F6キーを押すことでも設定画面を開けます

ステップ数(Steps)

押し出す辺の分割数を設定できます。

ステップ数_スクリュー
▲10→30

ひねる(Truns)

スクリューさせる回数を設定できます。

ひねる_スクリュー
▲1→4

中心(Center)

スクリューの中心を設定できます。

  • X:中心X
  • Y:中心Y
  • Z:中心Z
中心_スクリュー
▲中心Yを-→+へ

座標軸(Axis)

スクリューの向き(進行方向)を設定できます。

  • X:座標軸X
  • Y:座標軸Y
  • Z:座標軸Z
座標軸_スクリュー
▲座標軸Xを-1→+1

それぞれ、0にすると軸と直行するようになります。(例えば、Xを0にするとX軸と直行する)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク