【Blender】アペンドとリンク機能【.blendからデータ読み込み】

Blender

  • アペンド
  • リンク

機能についてのメモ。

「アペンド」とは?

「アペンド」は、他の.blendファイルにある様々なデータを読み込み→複製することが出来る機能です。

例えば、「a.blend」というファイルの中で使用している「Cube」という立方体メッシュをコピーしたり出来ます。

使用方法

「ファイル」→「アペンド」から任意の.blendファイルを開いて使用します。(もしくはShift+F1)

アペンド11

このメニューを開くと、以下のように表示されるので、複製したいオブジェクト・データを選択します。

screenshot_467

・例えば、「Lamp」を選択すると、選択した.blendファイルの中にある全ての「Lamp」オブジェクトが複製されます。

・例えば、「Material」を選択すると、選択した.blendファイルの中にある全ての「Material」データが複製されます。

・例えば、「Object」を選択すると、選択した.blendファイルの中オブジェクトの一覧が表示さます。
screenshot_468

この中からアペンドしたいオブジェクトを選択すると、選んだオブジェクトの「メッシュ情報」「マテリアル情報」「テクスチャ情報」などの全てのデータが複製されます。

※他にも、ノードエディタを使用していた場合は、ノードツリーの情報を複製できたりもしますし、ビデオシーケンスエディタを使用していた場合は、シーケンサの情報を複製できたりもします

「リンク」とは?

「アペンド」は、他の.blendファイルにある様々なデータを読み込み→リンク複製することが出来る機能です。

”リンク”複製なので、読み込み元の.blendファイルにあるデータを変更しないと、編集できません。

例えば、立方体メッシュを読み込んだ場合、立方体メッシュを変形・移動したりするには、読み込み元の.blendファイルの立方体メッシュを変形・移動する必要があるということです。

使用方法

「ファイル」→「リンク」から任意の.blendファイルを開いて使用します。(もしくはCtrl+Alt+Oキー)

※基本的な使い方は「アペンド」と同じです

リンク

もしくは、Blenderを複数立ち上げて、[Ctrl+C]→[Ctrl+V]でコピペすることも可能です。

「リンク」で読み込んだオブジェクトの色

「リンク」で読み込んだオブジェクトを選択すると、水色で表示されます。(「アペンド」は普通にオレンジです)

「リンク」で読み込んだオブジェクトの色

まとめ

  • アペンド:
    • 他の.blendファイルからデータを複製出来る機能
  • リンク:
    • 他の.blendファイルからデータをリンク複製出来る機能

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. youkan より:

    ありがとうございます。