【Blender】3DCGソフトの基本的な流れと3つの要素【被写体・ランプ・カメラ】

3DCGソフト「Blender」を使用する上で、基本中の基本である、

  • 被写体
  • ランプ
  • カメラ

などについてのメモ。

それと、3DCGソフトでの基本的な作業の流れについても簡単に紹介。

スポンサードリンク

3DCG = 3次元空間

Blenderは”3DCGソフト”なので、(当たり前だけど)3D空間上で作業する事になります。

なので、

  • 常に今自分が見てるのはどっちの方向なのか、
  • 今どの軸を中心にして回転しているのか、

などを常に意識する必要があります。

左下にある赤青緑のx,y,z座標軸で、「今現在どちらがx軸方向なのか、y軸方向なのか、z軸方向なのか」を把握できるので、初心者のうちはココを見て意識すると良いかもしれません。

screenshot_471
▲赤青緑のx,y,z座標軸

開始時の3つの要素

Blenderを起動すると、最初に3つの要素がデフォルトで用意されています。

それは、

  • 被写体
  • ランプ
  • カメラ

の3つです。

screenshot_242

Blenderに限らず、一般的な3DCGソフトでは、この3つの要素を上手く使って一つの作品を作り上げていきます。

この3つの要素が全て揃った状態で初めて、1つの作品となります。

1つでも欠けていれば作品は完成しません。

被写体

screenshot_731

撮影対象となるオブジェクト(被写体)です。

このオブジェクトを編集、または新たに追加したりしていって、目的の物を完成させます。

例えば、車のCGを作りたいなら、車を徹底的に作りこんでいきます。
screenshot_761

ランプ

screenshot_751

被写体を照らして、被写体を映えさせる為のオブジェクトです。

例えば、車(被写体)をかっこよく見せたいなら、

  • どのような種類のランプを当てるべきか、
  • どのような角度から当てるべきか、
  • ランプの強さがどの程度にするか、
  • ・・etc(他にも数えきれないほどの設定項目が有る)

などを決めます。

※このオブジェクトを設置しないと、”光が無い状態”になるので、全てのオブジェクトが真っ黒になります(何も映らなくなる)

カメラ

screenshot_741

ランプに照らされた被写体を映すためのオブジェクトです。

このオブジェクトを上手く使って、被写体をかっこよく撮影します。

例えば、車(被写体)をかっこよく見せたいなら、

  • どの角度から撮影するとかっこいいか、
  • どのようにカメラを動かすとかっこいいか
  • 視野角はどの程度にするか、
  • 影の状態はどのようにするか、
  • ・・etc(他にも数えきれないほどの設定項目が有る)

などを決めます。

Blenderで作品を作る流れ

s-22c18a11a6c3c5625add4189b9cd43e0_s

Blenderで1つの作品を作る流れとしては、

  1. オブジェクトを作りこむ
  2. 必要に応じてアニメーションさせる(キーフレームを挿入して動かす)
  3. 作りこんだオブジェクトにランプを当てる
  4. その様子をカメラで撮影する
  5. 出力(レンダリング)する

というのが基本的な流れになります。

3DCGソフトなら、どのソフトでも大体この流れになります。

2DCGと3DCGの違い

2DCGの場合は、その名の通り”2D”なので、画面上にオブジェクトを作りこめばそれで完成となります。

平面なので、ランプもカメラも必要有りませんし、カメラは固定なので考える必要は有りません。(ランプの代わりとして明度・輝度・色相・コントラストなどを設定することになる)

しかし、Blenderのような3GCGソフトの場合は、先述したように、

  • オブジェクト
  • ランプ
  • カメラ

の3つが必要不可欠となります。

「単にオブジェクトを作って終わり~」と行かないのが3DCGの難しい所です。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク