【Blender】3Dな文字の作り方【テキスト】

3DCGソフト「Blender」を使用して、立体的な3Dテキストを作る方法についての作業メモ。

3Dテキストとは?

こういう風な↓”厚み”のある文字です。

3dテキスト

3Dテキストの作り方(手順)

以下、作り方の手順です。

  1. 「オブジェクトモード」に変更する
    screenshot_2321
  2. ShiftAキー →「テキスト」をクリックしてテキストを挿入する
    Shift+Aキー →「テキスト」をクリックしてテキストを挿入する

    • テキストは3Dカーソルの位置に挿入される
  3. 挿入したテキストを選択した状態で「編集モード」にする
    • 「編集モード」にする事で、文字を編集出来るようになる
      「編集モード」にする事で、文字を編集出来るようになる
  4. 「プロパティ」ウィンドウ → 「データ」タブ→「ジオメトリ」パネルを開く
    • このパネルの中の項目を弄る事で厚みをもたせたりする事が出来る
      このパネルの中の項目を弄る事で厚みをもたせたりする事が出来る

      1. オフセット:
        • テキストの線幅
      2. 深度:
        • テキストの面取り
      3. 押し出し:
        • テキストの奥行き
      4. 解像度:
        • [深度]を設定している場合の面取りの解像度

日本語(全角文字)入力の方法

Blenderで日本語テキストを作るには、2つのコツが必要です。

①フォントを変更する

テキストオブジェクトのデフォルトの「フォント」は、日本語が使用出来ない英語のみのフォントとなっています。(Blender専用のフォント)

なので、このフォントを変更してやらないと日本語(全角文字)が使用できません。

screenshot_2341
▲「フォント」パネルから、日本語に対応しているフォントに変更してやると日本語が使用できるようになる
(フォントを変更する場合はフォルダのアイコンをクリックして「C:\Windows\Fonts」の中からフォントを指定してやれば良い)

②入力方法

3Dビュー上では、日本語入力は(なぜか)出来ません。

日本語を入力する場合は以下のようにすると入力できます。

  1. 「ツール」シェルフ(Tキーで表示・非表示出来る奴)を出した状態にする
  2. 「編集モード」にして適当な文字を入力する
  3. すると「ツール」シェルフ下に「▼テキストを挿入」というパネルが表示されるので、そのテキストボックスに日本語を入力してEnterキーを押す
    「ツール」シェルフ下に「▼テキストを挿入」

これで日本語(全角文字)が入力できます。

※他にも、ウィンドウを「テキストエディタ」に変更して、そこから入力する方法もあるみたい(?)です

テキスト→メッシュに変換

テキストオブジェクトのままだと”加工の幅”が狭まるので、テキストとして完成した後は、メッシュオブジェクトに変換しましょう。

テキストオブジェクトを選択した状態で、AltC [カーブ/メタ/サーフェス/テキスト からメッシュ]を選択すると、メッシュテキストに変換出来ます。

テキスト→メッシュに変換
▲メッシュオブジェクトなので、立方体などのメッシュオブジェクトと同じく、ポリゴン単位で変形したり加工したりできるようになる

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク