【Blender】3Dカーソルの移動方法

Blenderにおける「3Dカーソル」の使い方・移動方法などについてのメモ。

3Dカーソルとは?

3Dビュー上で、左クリックすると「赤白のロックオンカーソル」みたいなの(screenshot_04)が移動すると思います。

3Dカーソル

これが「3Dカーソル」です。

この「3Dカーソル」は、

  • カーソル位置にオブジェクトを移動する
  • カーソル位置に新しいオブジェクトを追加する
  • カーソル位置をオブジェクトの原点(ピボットポイント)とする
  • カーソル位置をオブジェクトを操作する際の”操作の原点”とする
  • ・・etc

のような使い方をします。

3Dカーソルの移動方法

①左クリック

先述したように、3Dビュー上で移動させたい場所に左クリックすれば、移動できます。

3Dカーソル
▲マウスを移動 → 左クリック

②スナップ(Shift+Sキー)

3Dビュー上で、Shift+Sキーを押すと、

  • カーソル → 選択物:
    • 現在選択中のオブジェクトの原点に移動させます(複数のオブジェクトを選択している場合は、複数のオブジェクトのピボットポイントに移動する)
      カーソル → 選択物:
  • カーソル → 原点:
    • 原点(XYZが0の位置)に移動させます
      カーソル → 原点
  • カーソル → グリッド:
    • 現在位置の3Dカーソルから、最も近いグリッド位置に移動させます
      カーソル → グリッド
  • カーソル → アクティブ:
    • 現在選択中のオブジェクトの原点に移動させます(オブジェクトを選択していない場合は、最後に選択したオブジェトの原点に移動します)
      カーソル → アクティブ

という具合に3Dカーソルを移動出来ます。

③原点に移動+全てのオブジェクトが映るように視点移動(Shift+Cキー)

3Dビュー上で、Shift+Cキーを押すと、

  • 3Dカーソルが原点(XYZが0の位置)の移動する
  • 全てのオブジェクトが視界に入るように視点が移動

という2つの効果が有ります。

原点に移動+全てのオブジェクトが映るように視点移動(Shift+Cキー)
▲3Dカーソルが原点に移動し、立方体・カメラ・ランプが全て視界の中央に映るように移動

「原点にオブジェクトを追加したい!」という時などに良く使用するので、絶対に覚えておいた方が良いです。

※ちなみに、視点の中央を原点(XYZが0の位置)に移動させたい場合、何かしらのオブジェクトを原点に移動させてから、.キー(テンキー)を押せば移動できます

オブジェクトを原点に移動
▲.キーを押して、立方体のある位置に視点の中央を移動

④[プロパティ]シェルフから数値指定

[プロパティ]シェルフ → [3Dカーソル]パネル から、3Dカーソルの座標を直接数値で指定する事も出来ます。

[プロパティ]シェルフから数値指定
▲[プロパティ]シェルフはNキーで表示・非表示できる

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク