【Blender】トラッキング系のオブジェクトコンストレイント

Blenderにおける、「トラッキング」系の「オブジェクトコンストレイント」についてのメモ。

オブジェクトコンストレイントとは?

以下記事参照です。

【Blender】オブジェクトコンストレイントとは?
Blenderにおける「オブジェクトコンストレイント」機能についてのメモ。 オブジェクトコンストレイントとは? ...

「トラッキング」系「オブジェクトコンストレイント」の追加方法

オブジェクトを選択した状態で、[プロパティ]ウィンドウ → [コンストレイント]タブ → [オブジェクトコンストレイント追加] から追加できます。

「トラッキング」系「オブジェクトコンストレイント」の追加方法.png]1

「トラッキング」系「オブジェクトコンストレイント」の種類

※正直、これらの効果は、文章を読んでもgifを見ても、理解出来ない部分が多いかもしれません・・。

自分で色々試してみるのが一番理解が早いかと思います。
(分かりやすく書いてるつもりですが、他者から見ると意味不明かもしれません・・)

※「IK」と書いているのは、全て「アーマチュア」(ボーン)にのみ適用出来るコンストレイントです。これの適用方法は、「ポーズモード」にした状態で、ボーンの一番先端部分に

パス移動制限

指定した[カーブ]オブジェクトに沿うように動かせるようになる効果です。

 パス移動制限
▲[カーブ]の[円]オブジェクトをターゲットにした例
(青立方体は[円]オブジェクト)

※[カーブ]オブジェクト以外は指定出来ません

減衰トラック

「トラック」の少機能版です。

設定した「ローカル座標」を常にターゲットの方へ向ける事が出来る効果です。

減衰トラック
▲[カメラ]の「-Z軸」を、常にターゲットオブジェクト(青立方体)の方を向かせた例

インバースキネマティクス(IK)

指定したオブジェクトに対して、ボーンが自動的に動くようにできる効果です。

インバースキネマティクス(IK)
▲左から3つ目の[ボーン]に適用して、ターゲットに赤立方体を設定した例
(赤立方体の動きに合わせてアーマチュア全体が動くようになる)
※[ポーズモード]で、[ツール]シェルフ → [オプション]タブから「オートIK」にチェックをつけると、ボーンを移動中(変形中)のみ、インバースキネマティクス(IK)」を一時的に適用する事が可能になります。
オートIK

軸固定トラック

指定した軸のみをトラッキングさせる事が出来る効果です。

例えば、以下のように[カメラ]に適用して、「固定:」を「Y」と指定すると、扇風機の首振りみたいに左右限定でトラッキングします。

軸固定トラック
▲「固定:」を「Y」に指定し、ターゲットに青立方体を指定した例

スプラインIk

[ボーン]オブジェクトを、指定した[カーブ]オブジェクトに沿うように動かせるようになる効果です。

スプラインIk
▲[ボーン]に適用して、ターゲットを[カーブ]の[パス]に設定
([パス]の動きに合わせて[ボーン]が動くようになる)

※[ボーン]オブジェクト以外には適用できません
※[カーブ]オブジェクト以外は指定出来ません

ストレッチ

「ローカル座標」の「+Y軸」を常にターゲットの方へ向け、ターゲットとの距離によってY軸方向へ伸縮させる事が出来る効果です。

ストレッチ
▲青立方体は、+Y軸方向を常に赤立方体の方へ向ける
また、近づければY軸方向に伸縮する

トラック

「減衰トラック」を更に高機能にした効果です。

「減衰トラック」の効果プラスα、

  • 上向きとする軸方向を設定できる(上:)
    • 例えば、[カメラ]に設定した場合、常にカメラを上向きに構えた状態で、ターゲットを追いかけたりできる
      上向きとする軸方向を設定できる(上:) 上向きとする軸方向を設定できる(上:)2
      ▲「トラック」の場合
      (カメラが常に上を向く)
      ▲「減衰トラック」の場合
      (設定した「ローカル座標」を常にターゲットの方へ向けるだけ)
  • ターゲットのローガルZ軸に合わせて、カメラも回転できる(ターゲットZ)
    • 例えば、ターゲットのローカルZ軸が下向きにすると、カメラも下向きになる
      ターゲットのローガルZ軸に合わせて、カメラも回転できる(ターゲットZ)
  • 座標系の変換(使用空間)

などが出来ます。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク