【Blender】スキンモディファイアー【辺に厚みを持たせる】

Blenderの「スキン」モディファイアーについてのメモ。

※「スキン」=「skin」

スキンとは?

立方体31 立方体_スキン1
▲立方体 ▲立方体にスキン適用

スキンは、「頂点・辺に肉付け(厚みを持たせる)する事が出来るモディファイアー」です。

例えば、(↑の例で言うと)立方体にスキンを適用すると、立方体の”頂点”と”辺”にのみ肉付けされます。面部分は無視されます。(面がなくても効果は同じ)

スキンの使い方

メッシュオブジェクトを選択した状態で、[プロパティ]ウィンドウ→[モディファイアー]タブ→[追加]→[スキン]から適用できます。
skin-tuika

また、任意の辺を選択した状態でCtrlAキーを押してマウスを動かすと、肉付け量を変更することが出来ます。(また、X,Y,Zキーで肉付けの方向を制限する事が出来ます)
肉付け量を変更_スキン

スキンの設定

分岐のスムージ(Branch Smoothing)

「3つ以上の辺とつながった頂点」の周囲の肉付け量を減らす(スムージ)設定です。

分岐のスムージ
▲この場合、「一番上の頂点」と「真ん中下」が「3つ以上の辺とつながった頂点」に該当する

スムースシェーディング(Smooth Shading)

スムースシェーディングで描画するようにします。

スムースシェーディング_スキン

選択した頂点(Selected Vertices)

ルーズとしてマーク、ルーズをクリア

ルーズは、「3つ以上の辺とつながった頂点」とその頂点に繋がっている頂点の間にリブ(補強)的な平面を張る事が出来る効果です。

ルーズを適用したい頂点を選択した状態で、

  • ルーズとしてマーク(Mark Loose)
  • ルーズをクリア(Clear Loose)

をクリックすることで、ON/OFF出来ます。

ルーズOFF ルーズON
▲ルーズOFF ▲ルーズON
(一番上の頂点は、「3つ以上の辺とつながった頂点」なのでルーズは適用されない)

ルートをマーク(Mark Root)

「アーマチュアを作成」した際に、ボーンのルート(根本)となる頂点を設定できます。

以下のように、アーマチュアを生成した際に、ルートと設定した部分にルートのアーマチュアが挿入されます。

ルートをマーク1 ルートをマーク2
▲左下の頂点をルートと設定 ▲左下の頂点に、ルートのアーマチュアが挿入されます
ルートをマーク3 ルートをマーク4
▲真ん中上の頂点をルートと設定 ▲真ん中上の頂点に、ルートのアーマチュアが挿入されます

範囲を均等化(Equalize Radii)

「範囲を均等化」は、CtrlAキーでX,Y,Z軸制限で肉付けした辺の厚みを均等化する設定」です。

対称軸(Symmery Axes)

「チェックした軸を、構造的に対称とする設定」です。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク