【Blender】『原点の操作』機能

Blenderの「原点の操作」機能についてのメモ。

スポンサードリンク

「原点の操作」機能とは?

簡単に言うと「オブジェクトの原点のみを操作できるようになる機能」です。

どんな時に使う??

例えば、(通常は)Rキーで「回転」をしようとすると、原点だけではなく、オブジェクト本体も回転します。

ですが、「原点の操作」機能をONにすると、オブジェクト本体は回転せずに、原点のみが回転するようになります。

「原点の操作」OFF 「原点の操作」ON
▲「原点の操作」OFF(回転) ▲「原点の操作」ON(回転)

つまり、

  • 原点位置だけを動かしたい!
  • オブジェクト自体を「回転」「拡大縮小」はしたくない!

という時に使う機能という事です。

「原点の操作」ON_回転
▲「原点の操作」ON(拡大縮小)
(このように↑にオブジェクト本体の大きさは変えずに、原点位置だけを拡大・縮小できたりする)

切り替え方法

3Dビューヘッダにある、このボタン(原点の操作_ボタン)からON・OFFをトグル出来ます。

原点の操作_ヘッダー2

もしくは、3Dビュー上でAlt,(カンマ)キーでも切り替えれます。

補足

Blender初心者にありがちみたいですが、うっかりこの機能をONにしてしまったせいで、

  • 「拡大縮小ができない!」
  • 「回転ができない!」
  • 「でも移動だけはできる??!」
  • ・・etc

という状況に陥る(おちいる)人が多いみたいです。

もし同じような状況になっていて困っている人は、この機能を確認してみてください。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク