【Blender】オブジェクトコンストレイントとは?

Blenderにおける「オブジェクトコンストレイント」機能についてのメモ。

オブジェクトコンストレイントとは?

位置コピー
▲例:「位置コピー」オブジェクトコンストレイント
(青は赤の動きを丸パクリする)

「オブジェクトコンストレイント」は、オブジェクトのトランスフォーム情報(位置、回転、拡大縮小)をコンストレイント(拘束)する事が出来る機能です。

具体的に言うと、以下の様な事が出来ます。

1.AとBという2つのオブジェクトが有ったとします

2.Aに「オブジェクトコンストレイント」を適用して、更にターゲットをBに設定します

3.すると、AはBに「位置、回転、拡大縮小」などを制限(拘束)されます
(AはBに合わせて動いたりするようになる)

※Bは関係なしに、Aだけを拘束できる効果もあります

オブジェクトコンストレイントの使い方

オブジェクトコンストレイントは、[プロパティ]ウィンドウ → [コンストレイント]タブ →  [オブジェクトコンストレイント追加] から設定出来ます。

screenshot_3752

オブジェクトコンストレイントの見分け方

オブジェクトコンストレイントした際は、

  • オブジェクトコンストレインを適用したオブジェクト
  • オブジェクトコンストレインのターゲットとされたオブジェクト

の2つが、黒い点線で接続されるようになります。

黒い点線_オブジェクトコンストレイント
▲オブジェクトコンストレイントが適用されている(黒い点線)

使い方

基本的な使い方は「モディファイアー」と同じです。

[コンストレイント]タブ から「オブジェクトコンストレイント」をどんどん追加して、自分が好きなようにオブジェクトを拘束(コンストレイント)します。

screenshot_380

以下、共通するメニューボタンの意味です。

  • screenshot_382
    • オブジェクトコンストレインの有効化・非有効化
  • screenshot_383
    • (オブジェクトコンストレインを複数追加している場合)優先順位の変更

オブジェクトコンストレイントの種類

種類別に別ページにまとめました。

  • トランスフォーム系
  • モーショントラッキング(まだ書いてません)
  • トラッキング(まだ書いてません)
  • 関係(まだ書いてません)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク