【Blender】ビルドアニメモディファイアー【アニメーションで登場・退場】

Blenderにおける「ビルドアニメ」モディファイアーの使い方などについてのメモ。

※「ビルドアニメ」=「Build Animation」

「ビルドアニメ」モディファイアーとは?

「ビルドアニメ」モディファイアーとは? 「ビルドアニメ」モディファイアーとは?3
▲UV球に適用 ▲トーラスに適用

「ビルドアニメ」は、オブジェクトをアニメーションで登場・退場させる事が出来るモディファイアーです。

※適用後にアニメーション再生(AltA)する事によって有効になります

「ビルドアニメ」モディファイアーの使い方

「UV球」に適用する方法について紹介します。

  1. UV球を用意する
    UV球を用意する
  2. [プロパティ]ウィンドウ → [モディファイアー]タブ → [追加] から、「ビルドアニメ」を追加する
    [プロパティ]ウィンドウ → [モディファイアー]タブ → [追加] から、「ビルドアニメ」を追加する
  3. 設定を行う(後述)
  4. アニメーション再生する(AltAキー)
    アニメーション再生する(Alt+Aキー)

使い方としては以上です。

「ビルドアニメ」モディファイアーの設定

設定項目について簡単に紹介します。

開始(Start)

アニメーションを開始する「開始フレーム」を設定できます。

例えば、「1」と指定すると、1フレーム目から再生が始まります。

アニメーションを開始する「開始フレーム」

長さ(Length)

アニメーションの「長さ」を設定できます。

例えば、「100」と指定すると、100フレームかけてオブジェクトをアニメーション再生(退場)します。

アニメーションの「長さ1

ランダム化(Randomize)

例えば、「100」と指定すると、100フレームかけてオブジェクトをアニメーション再生(退場)します。

ランダム化 ランダム化_OFF
▲「ランダム化」ON 「ランダム化」OFF

シード(Seed)

ランダム化した際のシードを決定できます。(タイミングをずらせる)

反転再生(Reversed)

オブジェクトが退場するアニメーションになります。

反転再生 ランダム化
▲「反転再生」ON
(退場する)
「反転再生」OFF
(登場する)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク