【Blender】配列複製モディファイア【オブジェクトを複数コピーする】

Blenderのモディファイアの1つである「配列複製」についてのメモ。

※「配列複製」=「Array」

配列複製とは?

配列複製_前 配列複製_後
▲立方体 ▲立方体に「配列複製」を適用(5個)

配列複製は、「オブジェクトを複製(コピー)して一定の規則で並べる事が出来るモディファイア」です。

配列複製の使い方

[プロパティ]ウィンドウ→[モディファイア]タブを開き、[追加]から「配列複製」を追加します。

配列複製の使い方

あとは各パラメータを変更して、「適用」をクリックすれば適用されます。

配列複製の設定

設定項目について簡単に紹介します。

配列複製の設定1

適合する種類

何個複製するか」を設定できます。

  • カーブに合わせる:
    • 指定した[カーブ]オブジェクトの長さ(全長)に入るだけのオブジェクトを複製します
    • 例えば[カーブ]オブジェクトの長さが[立方体]2つ分なら、[立方体]を2つ複製できます
  • 長さに合わせる:
    • 指定した長さに入るだけのオブジェクトを複製します
    • 例えば「100」と指定すれば、100の長さに入るだけのオブジェクトが複製されます
  • 定数で指定:
    • 指定したコピー数の数だけ、オブジェクトを複製します
    • 例えば、「3」と指定すれば、オブジェクトが3個複製されます
      定数で指定:

一定のオフセット

元のオブジェクト位置から(数値指定で)どれだけずらすか」を設定できます。

オフセット(倍率)

元のオブジェクト位置から(倍率指定で)どれだけずらすか」を設定できます。

例えば、

  • 「X」を「1」とすると、「元のオブジェクトのX軸方向の大きさ分」をずらします。
  • 「X」を「2」とすると、「元のオブジェクトのY軸方向の大きさ分」をずらします。

という感じです。

オフセット(OBJ)

任意のオブジェクトとのパラメータ分だけずらせる設定」です。

例えば、

  • 適用したオブジェクトと距離が100ほど離れている「平面」をセットすれば、複製の距離も100になります
  • 拡大率が200の「平面」をセットすれば、複製されるオブジェクトの拡大率が200ずつ増えます

という具合です。

このように、セットしたオブジェクトのパラメータによって、複製されるオブジェクトのパラメータも変わってくるようになります。

オフセット(OBJ)
▲セットした「平面」オブジェクトを移動・拡大・回転している様子

結合

「複製したオブジェクト同士が重なった場合、それらの頂点を結合するか」という設定です。

結合OFF 結合ON
▲平面を円形に配列複写 ▲平面を円形に配列複写(結合ON)

ループ

※「結合」をONにした状態で有効になる設定です

「複製した最後のオブジェクトと、複製元の重なった場合、それらの頂点を結合するか」という設定です。

結合ON 結合ON_loopON1
▲平面を円形に配列複写 ▲平面を円形に配列複写(結合ON)

距離

※「結合」をONにした状態で有効になる設定です

「どれくらい距離が近づいたら結合するか」を設定できます。

距離_配列複写

始端、終端

以下が効果です。

  • 終端:
    • 複製したオブジェクトの最後に、指定したオブジェクトを設置する
  • 始端:
    • 元のオブジェクトの手前に、指定したオブジェクトを設置する

始端、終端1

※これについても「結合」を適用していると、頂点が結合されます。
始端、終端_結合1

補足

配列複製はモディファイアなので、もちろん”重ね掛け”が可能です。

例えば、配列複製を3つ重ね掛けすることで、X,Y,Z軸の全方向に複製する事も可能です。

配列複製_重ね掛け
▲立方体を、X,Y,Z軸のそれぞれの方向に4つずつ複製(4x4x4=64個)

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク